ぬいぐるみ職人のブログ

オーダーメイドぬいぐるみについてのスタッフブログです。

2013年04月11日

サンプル作り?

エリマキ横WEB.jpg
















写真のように、生地にプリントや刺繍を施してさまざまな形状でお作りすることができます。

このサンプルは、シルク印刷と本体内にプラスチック関節を入れて、すべての箇所

の形状を自由に変えることができます。

日本と同じで品質の高いサンプルをご希望でしたらご相談ください。

ただし、急ぎのサンプルづくりなどの場合、型紙師や作家の選定ができない場合もあります。

ご相談いただければ、最適な手法をご提案します。

 

posted by ゆみさん at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぬいぐるみアレコレ

2013年04月02日

サンプル作り

ウサギA.jpg





サンプル作り











ぬいぐるみをお作りして頂く場合、最初にサンプルをお作りします。

サンプルを作るときの頂くデータによって違いはありますが、どこでも同じようにうまく作るわけではありません。

 

ぬいぐるみは立体ですので、イラストのような平面だけでデータを頂くとそのイラストに合わせて立体サンプルにする

型紙師の技術が特に重要です。

うまくないところに頼んだお客様が、困って当社に相談されるケースが最近多いですが、これは注文されるとき

特にお気を付け下さい。

 

当社だけがうまいわけではありませんが、サンプルを確認してから注文することをお勧めします。

 

お客様によっては日本でのサンプル作成が良いと言われる方も多く、その際はうちの社員もしくは

契約しているぬいぐるみ作家さんで作っています。

 

ポイントは、生地選定・型紙づくりによるラインの滑らかさ・生地によっては縫製線の目立たない作りです。

 

もちろん、予算などの関係もあると思いますが、何かの際はぜひご相談してください。

絶対後悔はさせません!!!

posted by ゆみさん at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぬいぐるみアレコレ

2013年03月18日

マイクロファイバー

A_.jpg





生地の続き2です。





 

最近ではぬいぐるみ全体に、デザインプリントしたぬいぐるみも依頼されたりします。

その中でもマイクロファイバーはぬいぐるみに使うにはもちろん特殊な生地で、

足やお腹だけに縫い付けるのが一般的ですが、たまにその生地のみで作る場合もあります。

生地的に収縮性は少ないので形状はある程度限られる場合がありますが・・・

 

またマイクロファイバーモップのような生地をお腹や背中部分だけ付けることもあります。

これは可愛いです☆☆☆

posted by ゆみさん at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぬいぐるみアレコレ

2013年03月15日

生地2

check_cotton.jpg46.jpg






生地の続きです。

 

生地に指定を頂くときは、PANTONE色チップと比べて確認してもらいます。

オーダーで色を作るときはいいのですが、有物の中から選ぶときは

写真のようにご提案します。

 

洋服や帽子などの付属物の生地は、カタログから選ぶか切れ端から選んでいただくようになります。

 

いかに要望やイラスト・写真にち被けるか近づけるか、平面から立体に近づけるところが

腕の見せ所です。

 

今日も、腕によりをかけてぬいぐるみを作るぞぉ〜

posted by ゆみさん at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぬいぐるみアレコレ

2013年03月12日

生地

20130312_165621.jpg20130312_165829.jpg



久々の更新です・・・

去年はとても忙しく、海外・日本を飛び回っていました。

 

ご依頼いただくお客様のご要望数量は数百個から数十万個と様々です。

 

ここで生地に関しての情報をご紹介します。

 

生地は種類が豊富です。

ボア系の生地といっても、ソフトベルボア・ロングボア・ボア・・・・・

色・起毛の長さ・太さまで入れると数え切れません。

 

生地は、基本的には300mのロールでの購入になります。

場合によっては100m単位の場合もあります。

この場合は、起毛の長さや太さ、色などをご指定して頂けます。

 

製作数量の少ない場合はどうなるか?

 

中国やベトナムなどには、すでに作って残った生地を

少ないメーター数で取引している市場のようなものや

生地屋の処分物として出てくる場合があります。

 

かなり種類は豊富なのですが、すべての色や種類を網羅して

いるわけではないのでご要望の色などズバリがないこともあります。

 

その場合は疑似色として選定し、お客様とご相談して決定します。

 

生地自体も、抜けやすい生地などありますので、どうしてもこだわりたい場合には

生地オーダーをして頂くようになります。

 

色指定は、PANTONEのコート系の指定でしたらほぼ可能かと思います。

DICや東洋インキの指定の場合は、PANTONEの色にて再選択いただくようになります。

 

製作数量による生地使用量は、大きさにもよりますがH15cm程度の大きさで

2500個〜3500個程度とお考えください。

 

また、これは日本製でも同じですが、長いメーターの生地を染めていくので

どうしても、多少の色むらは出てしまいます。

ただし、ひどいものではありません。

 

フィギュアや印刷と違う染めなので、この辺は頭の中に入れて頂くと助かります。

 

今流行りの着ぐるみをお作りする場合も、日本製の生地ですがやはり色むらはありますが

一般の方が見て、気にされるほどのものではないようです。

 

さて今年も、お客様に満足頂くぬいぐるみを作ります!!!

 

宜しくお願いします。

 

posted by ゆみさん at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぬいぐるみアレコレ

2010年12月09日

再現には自信!!!

ピーマンキャラ (2).jpg◆イラストからぬいぐるみへ

お客様のキャラクターはイラストで使われている事がほとんどです。

それを立体にしてしかも可愛く作るのは、一にも二にも型紙作りが大切です。
それを再現性といっているのですが、これはどのぬいぐるみメーカーでもできるわけではありません。

型紙作りと熟練のお針子によるサンプル縫製が重要なんです!!

喜ばれるものを作る。
それを常に目指します。








 


 



 


 



posted by ゆみさん at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぬいぐるみアレコレ

2010年02月18日

最近は・・・

一昔前は、ぬいぐるみといえばクマ系ばかりでしたが、最近はゆるキャラや企業キャラが浸透して
色々なぬいぐるみの製作依頼が増えました、非常に面白いなと感じます。

ただ、たまに人形とぬいぐるみの特性を勘違いしている方も多いようですが・・・
でも、忙しい生活の中でほっとしてもらえるなら嬉しいことです。

今日も形状を型紙化して、見積り・見積り・・・・・
posted by ゆみさん at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぬいぐるみアレコレ
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリ
最近の記事
過去ログ
サイト内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
Powered by さくらのブログ